神戸市東灘区で熊本産綿たて糸畳表の張替えでした。

畳の仕事をしている間に新元号が発表されていました。

熊本産無着色畳表「綿たて糸畳表」使用の畳張替え画像です。

綿たて糸畳表使用施工画像

新元号が発表になりましたね。
「令和」ですか。今、「れいわ」と入力して漢字変換したら一発で「令和」になりました。
すごいですね、こんな所にも技術の進歩がしっかり現れています。
私の人生で、「昭和」「平成」に次ぐ3つ目の元号ですが、歳をとったからか元号が変わる事に重みを感じますね。
仕事柄、領収書を書く事が多いんですが、今は西暦で書く事が多いです。
でも、元号が変わったら能登畳店の領収書は「令和元年」で行こうと思います。
今日のお客様の畳を張り替えていたら、いつの間にか発表されてました。(11時半を過ぎちゃったもので)
元号の重みは感じますが、やっぱり仕事が大事です。
「令和」になっても能登畳店をよろしくお願い致します!

関連ページ

_________________________________________________________________________