大正14年創業の老舗国産畳専門店「能登畳店」

畳数・坪数・平米数の換算表

畳数・坪数・平米数の換算表トップバナー

不動産広告における畳数表記について

不動産広告等の「6畳」などの畳数表示は実際どうなっているのか?

畳数表示のルール

  • 矢印画像(緑)
  • 畳数での表示は各地域の「不動産公正取引協議会」によって定められています。

能登畳店のある近畿地方では「(社)近畿地区不動産公正取引協議会」がルールを定めています。
以下、「不動産の表示に関する公正競争規約」より抜粋、

  • 第5章 表示基準
  • 第1節 物件の内容・取引条件等に係る表示基準
  • (物件の内容・取引条件等に係る表示基準)
  • 第11条 規約第15条(物件の内容・取引条件等の表示基準)各号に規定する事項について表示するときは、次の各号に定めるところにより表示する。
  • (16) 住宅の居室等の広さを畳数で表示する場合においては、畳1枚当たりの広さは1.62平方メートル(各室の壁心面積を畳数で除した数値)以上の広さがあるという意味で用いること。
  • ただし、新築住宅以外の住宅であって、1畳当たりの面積が1.62平方メートルに満たないものについては、その旨及び畳1枚当たりの広さを明示して表示することができる。

と言う事です。
ややこしい書き方をしていますが、用は
「不動産広告でお部屋のサイズを6畳間など畳数表示する時は、1畳当たりの大きさが1.62㎡以上でないといけませんよ」と書いています。
1畳当たりが1.62㎡以上の場合と書いてあるので、「6畳間」と書いてある時は最低、9.72㎡以上はあると言う事です。
1畳が1.62㎡を下回る場合は、「1畳を○○㎡として6畳間」と言うように明記する必要があるようです。
最近の不動産広告で、「5.2畳間」などと言う中途半端な表記が多いのはこういう理由だったんですね。

  • 注意喚起小画像
  • 「不動産の表示に関する公正競争規約」には、
  • 畳1枚当たりの広さは1.62平方メートル(各室の壁心面積を畳数で除した数値)とありますので、
  • 床面積の表記ではなく、部屋を囲む壁の厚みの中心を基準線とした面積になります。

_________________________________________________________________________

畳数・坪数・平米数の換算表

  • 注意喚起小画像
  • この換算表では「(社)近畿地区不動産公正取引協議会」の定める「不動産の表示に関する公正競争規約」から、1畳=1.62平米で計算しています。
  • 注意喚起小画像
  • 不動産広告用の表記は「壁の厚みの真ん中を計測線とした表記」で良いと言う事になっていますので、この換算表で計算したお部屋の大きさと実際の お部屋の大きさは異なる場合があります。
  • 注意喚起小画像
  • 下記の換算表は完全に厳密な数値ではありません。

_________________________________________________________________________

畳数・坪数・平米数の換算表
畳数 ㎡数 坪数
1畳 1.62㎡ 約0.49坪
2畳 3.24㎡ 約0.98坪
3畳 4.86㎡ 約1.47坪
4.5畳 7.29㎡ 約2.2坪
5.5畳 8.91㎡ 約2.69坪
6畳 9.72㎡ 約2.94坪
7.5畳 12.15㎡ 約3.67坪
8畳 12.96㎡ 約3.92坪
10畳 16.2㎡ 約4.89坪
12畳 19.44㎡ 約5.87坪
15畳 24.3㎡ 約7.34坪
20畳 32.4㎡ 約9.79坪
25畳 40.5㎡ 約12.24坪
  • 注意喚起小画像
  • 上の換算表では、一坪を3.31平米(平方メートル)で計算しています。
  • 注意喚起小画像
  • 坪数の数値は、小数点第三位を四捨五入しています。

_________________________________________________________________________

畳の大きさ・平米・坪に関しての豆知識

一体、「坪」って何なの?

ここでは、「坪」の正体と「坪」の計算法をご説明します。

畳業界は未だに「尺貫法」を使っています。

  • 注意喚起小画像
  • 尺貫法とは、長さの尺と重さの貫による度量衡ですが、畳業界が使っているのは「長さの尺」関係の方だけです。
  • 矢印画像(緑)
  • 1尺=30.3センチ
  • 矢印画像(緑)
  • 1寸=ほぼ3センチ
  • 矢印画像(緑)
  • 1分=ほぼ3ミリ
  • 矢印画像(緑)
  • 1厘=0.3ミリ・・・の4単位が基本です。
  • ここまでで出てきた一番長い単位は「尺」のほぼ30センチです。
  • 「厘」から「尺」までは、10倍ずつ増えてきますが、「尺」の次に出てくる「間」は
  • 矢印画像(緑)
  • 1間=181.818181・・・センチ=6尺
  • になります。1間=6尺なんですね。分かりにくいです。
  • ここで、やっと「坪」が出てきますが、
  • 1坪=1間×1間です、つまり
  • 矢印画像(緑)
  • 1坪=181.818センチ×181.818センチ=33057.7851平方センチ
  • になりますので、
  • 矢印画像(緑)
  • 1坪=3.3057平方メートルとなります。
  • ちなみに、面積の単位で「坪」の上にあるのは、
  • 矢印画像(緑)
  • 30坪=1畝、300坪=1反、3000坪=1町です。
  • 長さの単位で「間」の上にあるのは、
  • 矢印画像(緑)
  • 60間=1町、36町=1里です。
  • やはり、慣れたらメートル法の方が分かりやすいし、計算しやすいですね。
関連ページ

_________________________________________________________________________

無料お問合せ電話 TEL 0120-106-793 午前8時~午後6時

能登畳店おすすめコンテンツ

PAGETOP
Copyright © 畳なら能登畳店 All Rights Reserved.
___________________________________________________________________________