畳床材料の一覧 畳なら能登畳店-神戸・芦屋・西宮・尼崎・大阪・北摂の畳店

HOME << 畳床材料の一覧

畳床材料の一覧

畳床材料の一覧

稲わら畳床

稲わら畳床画像

昔ながらの「ワラの畳床」です。
圧倒的な重量感からくる収まりの良さとクッション性はやはりナンバー1です。
稲わら畳床を作るためには稲作農家の方に稲の刈り取りを機械ではなく手作業でしてもらわなければいけません。
トラクター、コンバインを使うと、稲を砕いて収穫していく事になるからです。
そういう理由もあいまって稲わら畳床の価格は上がる一方になっています。
加えて新しい住宅はとても気密性が高く、窓を閉めると風通しが全くなくなるので強い湿気に弱い稲わら畳床は需要が減ってきています。

  • 稲わら畳床 料金
  • 1畳 8,000円(消費税込み)
  • ご使用になる畳表料金にプラスして下さい

ダイケン2型クッションシート入り・ダイケン2型クッションシート無し

稲わら畳床画像

木質繊維を原料とするダイケンボードとスタイロフォームを組み合わせた、断熱効果が高く、衛星的な建材畳床です。
断熱効果もあり、虫や湿気に強く、おそらく今最も普及している畳床だと思います。
今のマンションは薄い畳が多いですが、2・3年前までのマンションでしたらほとんどこのダイケン畳床2型(もしくは類似品)が使われているのではないでしょうか。
畳下の床材がコンクリートの場合、特に適しています。
価格的には安いのですが、畳床の本来持っている機能は十分に備えています。
虫と湿気に強いので、畳床にこだわりのない方には一番お薦めする商品です。

  • 2型畳床クッション入り 料金
  • 1畳 5,500円(消費税込み)
  • 2型畳床クッション無し 料金
  • 1畳 5,000円(消費税込み)
  • ご使用になる畳表料金にプラスして下さい

健やか畳床3000sx

稲わら畳床画像

良質の天然木質繊維を原料とした3000SXは、空気中のホルムアルデヒドを吸着する特殊活性炭層をプラスした室内の空気の浄化に効果的な畳床です。
天然素材にこだわりながら、ハイテク技術の機能性を併せ持ったハイグレードタイプです。
畳ボードにたっぷり含まれる空気が、断熱性・吸音性に力を発揮します。

  • 健やか畳床 料金
  • 1畳 8,000円(消費税込み)
  • ご使用になる畳表料金にプラスして下さい

薄畳用畳床

稲わら畳床画像

フローリングの上に敷くといった使い方が出来る薄い畳も登場しています。
仕上がりの厚みが15ミリ〜18ミリ程度です。
薄い畳床はあらゆる機能が通常厚の畳床よりも下がりますが、基本的な畳の特徴は保っています。
薄い畳で無いと敷けない場合等はこのような畳床を使用します。
また、床暖房対応畳も薄い畳と同じ部類に入ります。(熱伝達効率を上げる仕組みがありますので、全く同じではありません)

  • 薄畳用畳床 料金
  • 1畳 8,000円(消費税込み)
  • ご使用になる畳表料金にプラスして下さい

畳床の機能

クッション性

畳には程よいクッション性があります。
しかし、畳床を替えた時に「硬い」と言われる方が多いです。
なぜ「硬い」と感じるかと言うと、替える前の畳は使い込んで柔らかくなっているから比べて硬く感じるのです。
畳には柔らかさが必要ですが、柔らかければ良いと言う訳ではありません。
柔らかすぎると歩きにくいですし、畳の持ち(耐久性)にとっても良い事ではありません。
畳の上に立ってそのまま膝を畳に落としてもそんなに痛くありません(個人差はあると思いますが)が、フローリングやクッションフロアの上でやると大事です。
少し硬めに感じても、ちゃんとちょうど良いクッション性が保たれています。

吸音性

畳・畳床には吸音性能があります。
マンションなどの高層住宅で必要な階下への「音・振動伝達の緩和」はもちろん、お部屋内で出る音そのものを吸収する能力があります。
畳を構成する畳表も繊維状になっていて吸音しますが、畳床も空気を溜める力がありますので振動(音は空気の振動です)を吸収する事が出来るのです。
マンション内でピアノを弾く部屋の下に畳を敷くだけで音の伝わりが抑えられていました。

断熱性

畳床はどの部分にも空気を溜める事が出来ますので、断熱性に優れています。
また、同じ原理で保温性にも優れています。

床暖房に対応した畳もありますが、断熱性能の高い畳は下で発生した熱を上へ通しにくいので「極端に薄い畳床」を使用しています。

畳床の現状

■畳床は表面からは見えませんが、影の主役です。

畳の構造

左画像のAの部分が畳床です。
家にある、使っている状態の畳では畳床は見えませんが、こうして構造図で見ると、畳のほとんどの部分が畳床である事がお分かりいただけると思います。

畳床の材質

一昔前までは、畳床は稲わらで出来ていました。
しかし、畳を取り巻く環境の変化に対応した形で建材畳床(新素材畳床)がほとんどを占めるようになっています。
では、何が変化した事によって畳床の材質が変わってきたのでしょうか?

住環境の変化

昭和以前の建物、特に一戸建ては現在ほど機密性が高くありませんでした。
通気性がある場合は湿気が入って畳も吸湿しますが、乾燥した時に放湿もします。
気密性が高いという事は通気性が少ないと言うことなので、畳が一度吸った湿気を放出しにくくなるのです。
それでも畳表は表面に露出しているので放湿しますが、畳床は隠れているので放湿が容易では無いのです。(気密性の高い住宅では畳の下部分の通気性はゼロに等しいです)
こういう理由で機密性の高い住宅に向いた畳床として湿気を含みにくい「建材畳床」が普及しています。

稲わらの減少

稲わらの減少も畳床の材質が変化した理由の一つです。
言うまでも無く、稲わらとは稲からお米を取り出した後の茎部分です。
刈り取った稲から籾殻をとって、畦にかけて干すことで畳に使う稲わらが出来ます。
しかし、刈り取り方法も変化して稲わらを大量に確保する事が難しくなりました。
そういう経緯で稲わら畳床の希少性から来る価格だけの上昇が進んだのも建材畳床が普及した原因の一つです。

カビ・虫の問題

現在、日本の家では「虫がいない」「カビを見ない」のが当たり前になってきました。
しかし、私が子供の頃の昭和40年代・50年代は違いました。
カビだらけ・虫だらけでは無いですが、ちょっとのカビなんて気にならないと言うか「目にとまらない」感じだったと記憶しています。
また、虫も「大発生」すると大騒ぎでしたが、少しなら気にならなかったと思います。
しかし、現在は違います。
カビや虫はたとえ少しでも気になります。気になるものは気になります。
そんな現代の生活環境の中で、「畳はカビ・虫のリスクが高い建材」として認識されています。
なぜなら稲わら畳床を使えば、ほぼ100%天然素材のまんまだからです。
クロス・フローリング・建具・キッチンなどほぼ全ての建材が天然素材では無い加工品か、天然素材でも化学的なコーティングがなされている中で畳は浮いた存在になっています。
昔の家では土壁や柱・天井等の木材などが一緒になって湿気を吸収してくれていましたが、今は知らんぷりで、畳だけが湿気を吸収している訳です。
そういった住環境に対応するために稲わら畳床から建材畳床への変化が進みました。
建材畳床は湿気を吸収しにくく、カビ・虫が出にくいので、現在の生活環境・住環境に合いやすいのです。

サイドロゴ1 サイドロゴ2 サイドロゴ4 サイドロゴ3 サイドロゴ5 サイドロゴ7 サイドロゴ8 サイドロゴ9 サイドロゴ6 サイドロゴ11 サイドロゴ12 サイドロゴ13 サイドロゴ14 サイドロゴ10 サイドロゴ15

能登畳店ホームページはリンクフリーです。
あなたのブログやホームページでご紹介下さい!
よろしくお願いします!

Copyright © 2006 畳なら能登畳店 兵庫県-神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市、宝塚市、三田市、大阪府-豊中市・池田市・吹田市・箕面市・茨木市の畳専門店. All Rights Reserved