畳の大きさ・サイズ-神戸・芦屋・西宮・三田・宝塚・尼崎・大阪・北摂の畳専門店

HOME << 畳情報いろいろ << 畳の大きさ・サイズ

畳の大きさ・サイズ

■畳の大きさ・サイズについてご説明します。

畳の大きさ・サイズ

畳の大きさ・サイズの種類は、畳業界の規格として2種(極少数は3種)です。

畳の大きさ・サイズを調べるにあたって

畳業界にある畳材料の規格はほとんどの場合、2種類です。
分類上は4種類に分けられますが、畳材料の仕入れがほぼ2種類ですのでお客様がご自宅の畳を調べるのであれば「本間(京間)」と「58間(江戸間)」だけで充分です。
我々畳店は仕入れた畳材料をお客様宅のお部屋に合わせて、カットして使います。
ですので、ご自宅の畳の規格をお知りになりたい場合は、ご自宅の畳を計測してそれより大きい規格をお調べ下さい。

お部屋に敷かれている畳は一枚一枚大きさが違います。特に敷いている方向が違う畳は大きさの違いが大きい場合がありますのでご注意下さい。

お部屋に掘りごたつがある場合は、掘りごたつの位置によって、それぞれの畳の大きさが顕著に違う場合がありますのでご注意下さい。

畳新調に伴う「畳の採寸(サイズを測る)」はお部屋全体のサイズを測ります。また畳の枠のゆがみがありますので、必ず畳店による採寸が必要です。

畳の大きさ・サイズ・規格

具体的な畳の大きさ・サイズです。

畳に使う長さを示す単位

  • 畳業界は未だに「尺貫法」を使っています。
  • 尺貫法の単位は
  • 1尺=30.3センチ
  • 1寸=ほぼ3センチ
  • 1分=ほぼ3ミリ
  • 1厘=0.3ミリです。
  • 尺貫法では感覚的に分かりにくいと思いますので、「メートル表記」と合わせて表示します。
  • 畳数当たりの坪換算、u換算の表も掲載していますが、8畳間までです。
  • それ以上の畳数の方は足し引きをして換算して下さい。(12畳間の時は6畳+6畳)
  • 58間(江戸間)
  • 畳の大きさ画像1
  • 58間(江戸間)
  • 88センチ×176センチ
  • 5尺8寸×2尺9寸
  • 1畳当たりの平米 1.55u
  • 1畳当たりの坪数 0.47坪
  • 畳店の仕入れにも使われる代表的な規格です。
  • 名称の通り、静岡県より北の関東地方で普及している畳の大きさです。
58間・江戸間 u数・坪数換算表
u数坪数縦×横
1畳1.55u0.47坪88p×176p
3畳4.64u1.41坪176p×264p
4.5畳間6.97u2.11坪264p×264p
6畳間9.29u2.82坪264p×352p
8畳12.39u3.75坪352p×352p
  • 本間(京間)
  • 畳の大きさ画像2
  • 本間(京間)
  • 95.5センチ×191センチ
  • 6尺3寸×3尺1寸5分
  • 1畳当たりの平米 1.83u
  • 1畳当たりの坪数 0.55坪
  • 畳店の仕入れにも使われる代表的な規格です。
  • 主に、関西で普及している畳の大きさです。
本間・京間 u数・坪数換算表
u数坪数縦×横
1畳1.83u0.55坪95.5p×191p
5.46u1.66坪191p×286.5p
4.5畳間8.21u2.49坪286.5p×286.5p
6畳間10.94u3.14坪286.5p×382p
8畳14.59u4.42坪382p×382p
  • 中京間
  • 畳の大きさ画像3
  • 中京間
  • 91センチ×182センチ
  • 6尺3寸×3尺1寸5分
  • 1畳当たりの平米 1.66u
  • 1畳当たりの坪数 0.50坪
  • 畳店の仕入れ規格に関係が無いので、あまり気にする必要は無い分類です。
中京間 u数・坪数換算表
u数坪数縦×横
1畳1.66u0.50坪91p×182p
3畳4.97u1.51坪182p×273p
4.5畳間7.45u2.26坪273p×273p
6畳間9.94u3.11坪273p×364p
8畳13.25u4.02坪364p×364p
  • 団地間
  • 畳の大きさ画像3
  • 団地間
  • 85センチ×170センチ
  • 1畳当たりの平米 1.4u
  • 1畳当たりの坪数 0.44坪
  • 畳店の仕入れ規格に関係が無いので、あまり気にする必要は無い分類です。
団地間 u数・坪数換算表
u数坪数縦×横
1畳1.4u0.44坪85p×170p
3畳4.34u1.31坪170p×255p
4.5畳間6.5u1.97坪255p×255p
6畳間8.67u2.63坪255p×340p
8畳11.56u3.5坪340p×340p

不動産における畳数表示について

不動産物件の広告等の「6畳」などの畳数表示は実際どうなっているのか?

  • 畳数表示のルール
  • 畳数での表示は各地域の「不動産公正取引協議会」によって定められています。
  • 能登畳店のある近畿地方では「(社)近畿地区不動産公正取引協議会」がルールを定めています。
  • 以下、「不動産の表示に関する公正競争規約」より抜粋、
  • 第5章 表示基準
  • 第1節 物件の内容・取引条件等に係る表示基準
  • (物件の内容・取引条件等に係る表示基準)
  • 第11条 規約第15条(物件の内容・取引条件等の表示基準)各号に規定する事項について表示するときは、次の各号に定めるところにより表示する。
  • (16) 住宅の居室等の広さを畳数で表示する場合においては、畳1枚当たりの広さは1.62平方メートル(各室の壁心面積を畳数で除した数値)以上の広さがあるという意味で用いること。
  • ただし、新築住宅以外の住宅であって、1畳当たりの面積が1.62平方メートルに満たないものについては、その旨及び畳1枚当たりの広さを明示して表示することができる。

と言う事です。
ややこしい書き方をしていますが、用は
「不動産広告でお部屋のサイズを6畳間など畳数表示する時は、1畳当たりの大きさが1.62u以上でないといけませんよ」と書いています。
1畳当たりが1.62u以上の場合と書いてあるので、「6畳間」と書いてある時は最低、9.72u以上はあると言う事です。
1畳が1.62uを下回る場合は、「1畳を○○uとして6畳間」と言うように明記する必要があるようです。
以上、不動産広告における、畳数表示の謎についてでした。

サイドロゴ1 サイドロゴ2 サイドロゴ4 サイドロゴ3 サイドロゴ5 サイドロゴ7 サイドロゴ8 サイドロゴ9 サイドロゴ6 サイドロゴ11 サイドロゴ12 サイドロゴ13 サイドロゴ14 サイドロゴ10 サイドロゴ15

能登畳店ホームページはリンクフリーです。
あなたのブログやホームページでご紹介下さい!
よろしくお願いします!

Copyright © 2006 畳なら能登畳店 兵庫県-神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市、宝塚市、三田市、大阪府-豊中市・池田市・吹田市・箕面市・茨木市の畳専門店. All Rights Reserved